信頼できるブリーダー

 

ブリーダーの選び方  -パピヨンの場合-

パピヨンを飼う

ブリーダーから買うということ

日本では昔から犬と暮らす文化があり、ペット以外でも
介護犬、盲導犬、狩猟犬など様々な分野にわたって
活躍する犬がいます。

特に日本ではペットとして飼われている犬がたくさんいます。

最近では家の中でも飼える小型犬がブームになっており、
中でもパピヨンは大変人気な小型犬です。

パピヨンはフランス語で蝶という意味であり、耳の立っている姿が
蝶のように見えるからという由来があります。

愛くるしい

その蝶のような愛くるしい顔のフォルムが
パピヨンの人気の理由の一つです。
また垂れ耳を持つパピヨンはファレンと呼ばれています。

 

パピヨンを購入する上で気をつけなければいけないのは、
優良ブリーダーさんから購入することです。

悪質なブリーダーから購入すると、最初から病気を持っていたり、
寄生虫を宿している可能性が高く、購入して突然死することもあります。

比較的病気にかかりずらく飼いやすいパピヨンですが、先天性の病気遺伝子を持つ犬を
無理矢理繁殖している悪質なブリーダーもいるので、気をつけなければなりません。

気をつけたいこと

 

ワクチン接種と証明書をお願いできるブリーダーは優良ブリーダーさんです。
悪質なブリーダーはワクチン接種をしていないため証明書が出せないためです。

せっかくペットを飼うのであれば、健康的な犬を飼いたいものです。
しかし、無理やり繁殖させるなんてブリーダーから買ってしまうと、
方法問わずに繁殖をさせたり、環境が整っていない中、子犬を無理やり押し込んで育てる。

 

また、その後は健康がベストではない状態で、健康だと偽って販売する。
なんてドラマでの話のようですが、実は身近でおこっている話なんです。

そんなブリーダーを広めない様にきちんと調べることは重要です。

そうすることで、1匹でも多く不幸な運命をたどるパピヨンを減らし
飼うと決めた以上は、最後まで大切に面倒を見るという責任をしっかりと持って
良きパートナーとして迎え入れていただければと思います。